岐阜県6次産業化サポートセンター・
6次産業化研修会事務局

当社は岐阜県内の6次産業化に関するワンストップ窓口として、6次産業化の相談対応や6次産業化プランナーの派遣、
各種研修事業の企画・運営を通じ、県内農林漁業者の6次産業化に関するサポートを行っています。

岐阜県6次産業化サポートセンター・6次産業化研修会事務局

農林漁業者のみなさん!6次産業化のお手伝いをいたします。

  • 6次産業化に関する相談窓口

    支援機関と連携して6次産業化に関するさまざまなご相談に対応いたします。お気軽にご連絡ください。

  • 6次産業化プランナーの派遣による課題解決支援

    県内農林漁業者の6次産業化に関する経営改善の取組をサポートするため、民間専門家(6次産業化プランナー)を派遣します(費用不要)。なお、プランナーの派遣を受けるには「支援対象者」に位置付けられる必要があります。

  • 6次産業化推進に関する各種事業の企画・運営

    岐阜県6次産業化サポートセンターでは、農林漁業者の方々へ向けたさまざまな研修会やイベントを実施しています。

6次産業化とは?

6次産業化とは?

6次産業化とは、農林漁業者(1次産業)が、農産物などの生産物の元々持っている価値をさらに高め、それにより、農林漁業者の所得(収入)を向上していくことです。生産物の価値を上げるため、農林漁業者が、農畜産物・水産物の生産だけでなく、食品加工(2次産業)、流通・販売(3次産業)にも取り組み、それによって農林水産業を活性化させ、農山漁村の経済を豊かにしていこうとするものです。「6次産業化」という言葉の6は、農林漁業本来の1次産業だけでなく、2次産業(工業・製造業)・3次産業(販売業・サービス業)を取り込むことから、1次産業の1×2次産業の2×3次産業の3のかけ算の6を意味しています。

主な事例

  • 加工品の開発・製造・販売

    加工品の開発・製造・販売

    生産物を使った加工品を開発・製造し、道の駅など店舗やインターネットなど、販路を開拓し、販売を行います。有機農産物やブランド農産物を使い、品質・ブランドを前面に押し出した加工品も登場しています。規格外品を有効に活用している事例も多くあります。

  • 農家カフェ・レストラン

    農家カフェ・レストラン

    「農家レストラン」は、生産物や地域の食材を加工、調理して提供する飲食店です。農場にレストランを併設して収穫体験も行えるようにしたり、直売所を併設して農産物販売を行ったり、幅広く事業を展開している農家も多いです。近年は、カフェ形式の「農家カフェ」も増えています。

  • 観光農園

    観光農園

    観光客等の第三者を対象に、自ら生産した農産物を圃場において収穫等の一部の農作業を体験させ又は観賞させて、代金を得ている農園のことをいいます。ひとつの作目で通年営業できる農園はほとんどなく、イチゴとブルーベリーなど収穫時期が異なる作目を組み合わせて、通年で集客できる仕組み作りが重要です。

お知らせ・イベント情報

「6次産業化スタートアップ研修(恵那会場)の開催」オンライン試行開催
会場 恵那文化センター中央公民館 集会室(恵那市長島町中野414-1)
参加対象 6次産業化に取り組んでいる、もしくは興味のある農林漁業者
各回定員 会場20名、オンライン10名
開催日時・内容 ※ 詳細は下記募集チラシを参照ください。
日時 テーマ 講師
2021年1月8日(金)
13:00~16:00
6次産業化を始めるにあたり 岐阜県6次産業化プランナー
伊豆原 理恵 氏
2021年1月15日(金)
13:00~16:00
食品加工と衛生管理の基礎 岐阜県6次産業化プランナー
内田 伸二 氏
2021年1月22日(金)
13:00~16:00
農林漁業者のためのマーケティングの基本 岐阜県6次産業化プランナー
森 竜也 氏
本研修は、試行的にオンラインでも配信します。
ただし、内容が会場参加の前提で構成されており、オンライン参加には不向きな場合があります。
また、会場の通信状況等でうまく配信できない場合があります。予めご了承ください。

お問い合わせ

6次産業化に関するお問い合わせ・お申込みは、下記よりお問い合わせください。

  • インターネットでのお問い合わせ

    メールフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    0584-74-2620

    岐阜県6次産業化サポートセンター
    担当:小川
    9:00~17:00(土日祝・年末年始を除く)