岐阜県6次産業化サポートセンター・
6次産業化研修会事務局

当社は岐阜県内の6次産業化に関するワンストップ窓口として、6次産業化の相談対応や6次産業化プランナーの派遣、
各種研修事業の企画・運営を通じ、県内農林漁業者の6次産業化に関するサポートを行っています。

岐阜県6次産業化サポートセンター・6次産業化研修会事務局

農林漁業者のみなさん!6次産業化のお手伝いをいたします。

  • 6次産業化に関する相談窓口

    支援機関と連携して6次産業化に関するさまざまなご相談に対応いたします。お気軽にご連絡ください。

  • 6次産業化プランナーの派遣による課題解決支援

    県内農林漁業者の6次産業化に関する経営改善の取組をサポートするため、民間専門家(6次産業化プランナー)を派遣します(費用不要)。なお、プランナーの派遣を受けるには「支援対象者」に位置付けられる必要があります。

  • 6次産業化推進に関する各種事業の企画・運営

    岐阜県6次産業化サポートセンターでは、農林漁業者の方々へ向けたさまざまな研修会やイベントを実施しています。

6次産業化とは?

6次産業化とは?

6次産業化とは、農林漁業者(1次産業)が、農産物などの生産物の元々持っている価値をさらに高め、それにより、農林漁業者の所得(収入)を向上していくことです。生産物の価値を上げるため、農林漁業者が、農畜産物・水産物の生産だけでなく、食品加工(2次産業)、流通・販売(3次産業)にも取り組み、それによって農林水産業を活性化させ、農山漁村の経済を豊かにしていこうとするものです。「6次産業化」という言葉の6は、農林漁業本来の1次産業だけでなく、2次産業(工業・製造業)・3次産業(販売業・サービス業)を取り込むことから、1次産業の1×2次産業の2×3次産業の3のかけ算の6を意味しています。

主な事例

  • 加工品の開発・製造・販売

    加工品の開発・製造・販売

    生産物を使った加工品を開発・製造し、道の駅など店舗やインターネットなど、販路を開拓し、販売を行います。有機農産物やブランド農産物を使い、品質・ブランドを前面に押し出した加工品も登場しています。規格外品を有効に活用している事例も多くあります。

  • 農家カフェ・レストラン

    農家カフェ・レストラン

    「農家レストラン」は、生産物や地域の食材を加工、調理して提供する飲食店です。農場にレストランを併設して収穫体験も行えるようにしたり、直売所を併設して農産物販売を行ったり、幅広く事業を展開している農家も多いです。近年は、カフェ形式の「農家カフェ」も増えています。

  • 観光農園

    観光農園

    観光客等の第三者を対象に、自ら生産した農産物を圃場において収穫等の一部の農作業を体験させ又は観賞させて、代金を得ている農園のことをいいます。ひとつの作目で通年営業できる農園はほとんどなく、イチゴとブルーベリーなど収穫時期が異なる作目を組み合わせて、通年で集客できる仕組み作りが重要です。

お知らせ・イベント情報

支援対象者の募集

県内農林漁業者等の6次産業化の取組を含む経営全体の付加価値額(経常利益+人件費+減価償却費)の増加を目的に、経営や組織運営の改善方策等(経営改善戦略)の作成及び実行を支援するため「支援対象者」を募集します。
地域委員会で決定された支援対象者には、プランナーを派遣し、経営改善戦略の作成及び実行を支援します。

対象者 以下の①~③を全て満たす県内農林漁業者
① プランナーによる支援実施後5年間の経営改善目標(経常利益+人件費+減価償却費)の合計金額が5年間で1.5倍以上)を自ら掲げる者
② プランナー支援実施年度の翌年度以降5年間毎年、経営状況報告書を作成し、岐阜県SCに提出することについて、あらかじめ同意が得られる者
③ 以下のA~Cいずれかに該当する者
A 「六次産業化・地産地消法」に基づく総合化事業計画認定事業者
B 「農業経営基盤強化促進法」に基づく認定農業者もしくは認定新規就農者
  (応募の際、認定書の写しを添付してください)
C 直近決算において、一定の所得(※1)を計上している個人事業主・法人

(※1)原則、以下の水準を満たすものとします。また、天災等の影響で直近決算にて条件を満たさない場合、2期前の決算で判定します。
◇ 個人事業主の場合:(収⼊⾦額-経費)≧150万円
◇ 法人の場合:(税引前当期純利益+法人の役員報酬)≧150万円
応募方法 支援シートに必要事項を記入し、直近の決算書と一緒に電子メールで岐阜県SC担当者に提出してください
応募期限 2021年5月31日(月)までの提出分は、6月11日(金)開催の地域委員会にて可否を決定します。
以降、1ヵ月分を翌月の地域委員会にて可否を決定し、最終締切を2021年9月30日(木)とします。例えば、6月提出分は7月の地域委員会にて、8月提出分は9月の地域委員会にて可否を決定します。
書類提出先
お問い合わせ先
〒503-0887 岐阜県大垣市郭町2丁目25番地(Kixビル4F)
岐阜県6次産業化サポートセンター(㈱OKB総研) 担当:小川
TEL:0584-74-2620(9時~17時、土日祝除く)
FAX:0584-74-2688 E-mail: m.ogawa@okb-kri.jp

6次産業化スタートアップ研修 参加者募集

これから6次産業化に取り組みたいと考えている方、改めて6次産業化について理解を深めたい方を対象に、
6次産業化の基礎を身につける研修会を1年かけて開催します。
7回シリーズになっていますが、興味のあるテーマの参加だけでもOKです!

令和3年度 年間カリキュラム(詳細は募集チラシ参照ください)

開催時期 実践会場・受講方法 内容 予定講師
第1回 7/30(金) サンレイラ岐阜第1研修室
もしくはオンライン(Zoom)
6次産業化の基礎について 岐阜県6次産業化
プランナー
森 竜也氏
第2回 8/12(木) オンライン(Zoom) 農林漁業者にぜひ知ってほしい
マーケティングの基本
岐阜県6次産業化
プランナー
森 竜也氏
第3回 8/27(金) オンライン(Zoom) 商品開発のポイントと
初心者でもわかる衛生管理
岐阜県6次産業化
プランナー
内田 伸二氏
第4回 10/20(水) ホシザキ東海岐阜支店
テストキッチン
もしくはオンライン(Zoom)
食品加工機械を実際に見てみよう!ホシザキ東海のテストキッチンで食品加工
機械を使った実演を見学します。
「この機械を使って、こんな加工品を作って
みたい!」という具体的なイメージを掴み、試作内容を明確化してみましょう。
ホシザキ東海
スタッフ
第5回 (1回目)
11/16(火)
(2回目)
11/25(木)
岐阜県食品科学研究所
(岐阜大学内)
食品加工機械で試作してみよう!~午前(9:00~12:00):スチコン、ショックフリーザー編~「煮る、焼く、蒸す」が1台でこなせるスチームコンベクションオーブン(スチコン)は、作れる加工品の幅も広く、鍋や釜を使うより大量かつ衛生的に調理できます。また、急速冷却できるショックフリーザーは、衛生的に食品を取り扱うために重宝します。
~午後(13:00~16:00):レトルト加工、缶詰加工編~車用パウチ袋に具材を入れ真空包装機で密封し、レトルト雑菌設置で高温・高圧処理します。保存性が高まる一方、通常調理との味の変化に注意が必要です。その他、缶詰機を使った試作もトライできます。
ホシザキ東海
スタッフ、
6次産業化サポート
センタースタッフ
第6回 1月中旬頃 オンライン(Zoom) 食品表示の基礎知識加工品の販売には、原材料名、賞味・消費期限、アレルゲン、栄養成分など、法律上記載が必要な内容が多岐に渡ります。
サンプルで依頼した検査機関での栄養成分分析結果を利用しながら、加工食品の表示に関する基礎を学びます。
岐阜県6次産業化
プランナー
第7回 1月下旬頃 岐阜市内会議室
もしくはオンライン(Zoom)
ネット販売とSNSの活用方法コロナ禍以降、非対面でビジネスを展開する重要度が高まっています。
ネット販売の基本、インスタグラムなどSNSの種類や操作方法、具体的な商品のPR方法などについて理解を深めます。
6次産業化
中央プランナー

岐阜県6次産業化プランナーの募集(受付は終了しました)

岐阜県6次産業化サポートセンター(以下「岐阜県SC」という)では、県内の6次産業化に取り組む農林漁業者等の経営や組織運営の改善方策等(経営改善戦略)の作成及び実行を支援するため、地域委員会で決定した支援対象者に「岐阜県6次産業化プランナー(以下「プランナー」という)」を派遣します。
今般、プランナーを下記のとおり募集します。詳細は「岐阜県6次産業化プランナー募集要領」をご確認ください。

主な業務内容 学識経験者等を委員とする地域支援検証委員会で決定された6次産業化に取り組む「支援対象者」に対し、6次産業化の取組を含む経営全体の付加価値額を増加するための経営や組織運営の改善方策等の作成及び実行のサポートなど。
活動期間 登録日から2022年(令和4年)3月31日まで
募集人数 15名程度
選定方法 第一段階:書類審査(審査基準の確認)
第二段階:地域委員会による面接(6月11日(金)を予定)
応募方法 応募書類を電子メールもしくは郵送で、岐阜県SC担当者に提出してください。
応募期限 2021年5月31日(月)必着
書類提出先
お問い合わせ先
〒503-0887 岐阜県大垣市郭町2丁目25番地(Kixビル4F)
岐阜県6次産業化サポートセンター(㈱OKB総研) 担当:小川
TEL:0584-74-2620(9時~17時、土日祝除く)
FAX:0584-74-2688 E-mail: m.ogawa@okb-kri.jp

お問い合わせ

6次産業化に関するお問い合わせ・お申込みは、下記よりお問い合わせください。

  • インターネットでのお問い合わせ

    メールフォームへ

  • お電話でのお問い合わせ

    0584-74-2620

    岐阜県6次産業化サポートセンター
    担当:小川
    9:00~17:00(土日祝・年末年始を除く)